転職を希望する多くの人は、自分の力量を試せるチャンスを求めていたり、より自分に適した職場環境を探しています。次の転職先への期待や、新たなチャレンジに対する希望も入り混じり、積極的に転職に力を入れている方もいらっしゃるでしょう。

 

 しかし、周囲の視線に気づかないほど転職活動に集中するのは要注意です。会社に勤めながら転職活動をしている人の場合、知らないうちに職場の人間に白い目で見られている可能性があります。

 

 少なくとも、同じ会社で働く人間が転職活動をしている様を見るのは、気持ちの良いことではありません。人材が1人抜けることで、残された人たちの仕事量は増えますし、職場の人間関係も変わっていきます。勤務環境が厳しい場合、裏切り者のように扱われてしまうこともあるでしょう。

 

 また、白い目で見られているうちは問題ありませんが、転職が決まらないうちに解雇勧告されてしまったり、転職先への推薦状を拒否される可能性もあります。そうなると、円滑な転職活動ができなくなってしまうので、できれば職場の人たちには知られないように注意するようにしましょう。

 

【Pick Up】
50代で転職に挑戦!
50代で転職を成功させたい方におすすめガイド!

 

 

 会社の人にはできるだけ転職を勘づかれないよう、普段と変わらない態度でいることが大切です。例えば、普段はラフな服装で勤務しているのに、スーツで出社すれば言わなくても面接をしてきたとバレてしまいます。また、ここで働くことはあと僅かだと、急に仕事の手を抜いてしまうのも良くありません。お世話になった会社だからこそ、最後まで責任をもって仕事に取り組む姿勢が大切です。

 

 転職活動は目立たないように実行し、円満退社で次の会社へ転職できるようにしておきましょう。