50代の転職のアドバイス

 40代から転職を考えている場合は、30代の時よりも即戦力になるための明らかな経歴が必要です。高い専門性を持った能力も必要とされるが、部下に当たる20代や30代の年齢の人をまとめて、将来の即戦力として育てていくマネジメントの力が必要です。

 

 40代の転職希望者は、案外キャリアを意識した転職活動を行っていない人が多い傾向です。従って、キャリアに対する基本的な認識や姿勢を持った転職活動を行っていく事が基本です。

 

 2009年のリーマンショックの出来事と比較すると、転職における市場は回復していて、現在では株価の上昇などによって、再雇用も以前と比較して進んでいるので、転職の行い方によっては50代でも十分に転職は可能です。50代から転職活動を行って、年齢で採用しない場合が多い事で転職が出来ない事を考えずに、転職を考えているならば企業に果敢に応募する事です。

 

 求人の数の観点から見れば、40代に比較して少ないが、50代の転職はそれまで積み上げてきたキャリアの中で、最もアピールできる自分の強みを活かす事で、転職の活路を見つけ出せます。

 

 50代の年齢で、それまでに培ってきたマネジメントに関する経験と広い人脈を持っているので、会社の利益の貢献については非常に有効であって、過去の人脈を生かして転職先を探す事が有効です。50代の場合は、ネット上などでの求人広告で探すよりも、過去の人脈から仕事を紹介してくれる人を割り出して、職業の紹介によって適切な仕事を見つける方が良いです。